当コンソーシアムは、
問題解決の成果物として生まれる発明を
人工知能を利用して
迅速・的確・効率的に
創造できるように支援するために
発足いたしました。

本コンソーシアム設立の趣旨
発明創造支援を最大限アシストするためです。



近年の科学技術分野におけるグローバル競争の激化に伴い、
日本の産業におけるイノベーションの創発が重要視されています。

イノベーションとは、「技術革新」と訳される場合がありますが、
いくら新しい技術を開発しても、それは本当の意味でイノベーションとは言えません。
技術開発の結果物として生まれた製品やサービスを社会に提供し、
新たな価値を人々に与え、社会生活に変化をもたらしてこそ、
真のイノベーションといえます。

技術開発の努力が結果に結びつかず、イノベーションが起こらなかった原因は何でしょうか?
これは技術開発によって得られた製品やサービスと、顧客が期待する価値との間に
大きなギャップがあることに他なりません。このため、開発成果物を経済的価値、
社会的価値への転換につなげるイノベーションマネジメントを実践していく必要があります。
しかし、我々が何よりも重要視しなければならないのは、
イノベーションの源泉は優れた頭脳であり、高い創造性を持った優れた頭脳こそ、
今の日本において最も大切にしなければならない資源なのではないかと思います。

イノベーションを創発させるためには、膨大な技術的課題に対して最適な解を迅速に
出していく必要があります。そのためには、問題解決の成果物として
生まれる発明を迅速・的確・効率的に創造できるように支援する、
いわゆる「発明創造支援」が重要になります。
さらには、発明創造の支援対象である発明者の発明創造能力も
育成・向上させることも重要なテーマとなります。

この「発明創造支援」を推進する上で、このようなスキルのある
少数の教師が個別に行なっていたのでは、発明創造に対する量的な要請に
応えることができず、日本において求められるイノベーションに対する
需要を満足させることはできず、グローバル競争に勝つことはできません。

従って当コンソーシアムでは、このような「発明創造支援」を
人工知能を活用して実施できるようにすることがどうしても
必要であるという認識に至りました。

当コンソーシアムは、このような認識の下で、
「人工知能を活用する発明創造コンソーシアム」として、
発足させるものであります。当コンソーシアムは、
人間が行う発明の創造を支援する「発明創造支援」を
人工知能によりアシストするところに第一段階の目標を設定しておりますが、
最終的に目指すところは、人間に対するアシストを超えて、
人工知能自身による完全な発明創造を自動的に行わせるところにあり、
ひいては人工知能によるイノベーションの創発までをめざしていきます。

CONTENTS

概要

本コンソーシアムにおいて 「発明創造の支援を具体的にはどのようなプロセスで行うか?」 「なぜ人工知能を発明創造の支援に活用するのか?」 をご説明いたします。

入会案内

人工知能を活用する発明創造の普及・発展を推進するため、新たに人工知能を活用する発明創造(ICAI)コンソーシアムを立ち上げました。企業、団体、業種の枠を超え、産学官が連携して総合力を発揮させ、強いイノベーションを興すNPCSを作り上げていきたいと思います。皆様の積極的な御参加をお待ちしております。

会員

会員の紹介

NEWS


運営会社

ジャパンモード株式会社
〒120-0026 東京都足立区千住旭町38-1 東京電機大学 千住アネックス館 0406
TEL. 03-5284-8025/FAX. 03-5284-8026
http://japan-mode.net

ミノル国際特許事務所
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-1-23ウンピン虎ノ門ビル7F
TEL. 03-6261-1213/FAX. 03-6261-1214
http://minorutokkyo.com